ISO9001認証取得




新設
平成21年度
安心生活創造事業を受託
平成21年度
生活・介護支援サポーター養成支援事業を受託



●デイ・サービスセンター
──通所介護事業および介護予防通所介護事業
 デイ・サービス(通所介護)は、要介護者または要支援者が施設に通い、入浴
および食事の提供、その他の日常生活上のお世話を受けることをいいます。
 「ひびき」では、利用者が自らの能力に応じて出来る限り自立した日常生活を
送れるよう、日常生活上の援助および機能訓練を実施。利用者の社会的孤立
感の解消、心身機能の維持、利用者の家族の身体的精神的負担の軽減など
を目指しています。

そのために、岸田と滝本の2カ所のセンターで、入浴、食事、生活指導、健康チ
ェック、送迎等のサービスを実施。また、家族などへの相談サービスや日常生
活介助などの実習や指導も行っています。

●在宅介護支援センター
──居宅介護支援事業
 要介護者等の依頼を受けて居宅サービス計画を作成するとともに、 計画に基
づく指定居宅サービスが確保されるよう連絡調整などを行います。また、要介護
者等が在宅サービス、又は介護保険施設への 入所を希望する場合は、それぞ
れのサービス紹介を行います。
 居宅支援事業は、利用者の心身の状況や置かれている環境等に応じ、利用
者の選択に基づいて適切な保健医療サービス・福祉サービスが、多様な事業
者から、総合的かつ効率的に提供されるよう公正・ 中立に配慮して行わなけれ
ばならないと定められています。

365日24時間の安心を。いつでもお声かけ下さい

1. 在宅介護についての総合相談窓口として、あらゆる相談、指導を365日24時間、お受け致しておりま
す。利用料無料。

2. 実体把握、及び介護保険非該当の皆様、介護保険利用者の皆様の利用相談。
3. 介護予防マネージメント。
4. 介護機器の紹介展示および使い方の指導。

●平成21年度 生活・介護支援サポーター養成支援事業
 地域で生活する高齢者の個別のニーズが多様化している現状に応える仕組みを安定的・継続的に構
築する為、市民相互に支え合う、住民参加型サービスなどの担い手として、地域で高齢者の生活を支え
る「生活・介護支援サポーター」を養成する事業です。

 具体的な事業例として
  ○困りごと相談 ○民間サービス(配食等)の活用支援 ○防犯・防災への注意喚起
  ○たすけあい活動(日常生活支援)の創設 ○ふれあいサロン、いきいき喫茶の運営 等が想定され
ています。

 ご希望の方は、お気軽にお問い合せ、ご相談ください。


●平成21年度 安心生活創造事業
  「一人暮らし世帯等」への「見守り」「買い物支援」を行い、「一人暮らし」の方が地域で安心して暮らせるための「支援」を行う事業で、担当の主任(チーフ)と訪問員を配置し、ゾーン内の民生委員や住民活動と恊働・連携しながら「見守り」と「買い物支援」を実施します。
 訪問は、希望する対象者と契約し、週一回以上定期的に訪ねる「契約訪問」(有料)と、実施主体(当施設)が、見守りの必要を認める対象者を月一回以上訪ねる「巡回訪問」があります。
Copyright ( 2010 HAYASHI  All Rights Reserved.